So-net無料ブログ作成

ほうふ [書評・引用]

夢の分析 (講談社選書メチエ)こんな本を買いました。

『夢の分析』
(川嵜克哲著 2005年1月 講談社)

知り合いの臨床心理士に教えてもらったので、
買ってみた。

知り合いは、何度も読み返すくらいお気に入りらしいが、
わたしには、ちとキツく、3分の2読んでストップした。

夢がテーマで事例も豊富だが、いまひとつついていけない。

今日も、実は、夢を見たが、よく覚えていない。
夢を記録しておけばいいのだが、なかなかできない。

夢の中では、イメージの断片が時間と空間から自由になり、
思わぬ物語を作ったり、それを疑似体験していることは、
なんとなくわかる。

でも、だからといってそれをどう読み解けばいいのか。
また、読み解けたとしても、それでどうなるのか。

いまは正直いってさっぱりわからない。
かといって、勉強していけば、そのうちわかるのか?

う~む?

ちなみに、知り合いは、夢分析までは難しいみたい。
nice!(1)  コメント(1) 
共通テーマ:仕事

nice! 1

コメント 1

ぬこ

同じ著者の『夢の読み方 夢の文法』という本はまだわかりやすいですよ。あと、『天才柳沢教授の癒セラピィ 』はマンガ入りなのでもっと読みやすいかも
by ぬこ (2014-10-07 01:24) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。