So-net無料ブログ作成
検索選択
カウンセリング理論 ブログトップ
前の5件 | -

どうじ [カウンセリング理論]

先週の土曜日(11月19日)、臨床心理のある講演会に参加した。

約1時間半の講演だった。しかし、不覚にも前半は寝てしまった。左右、前後の方にご迷惑かけたのではないかと心配になった。もしかしたら、イビキをかいていたかもしれないから…。あと、やっぱり少し疲れていたのかな、と思った。

講師は、パワーポイントですわって話されていた。比較的淡々と話す感じ。内容は、次元が高すぎた感じ。どうも、わたしの実践とはかけ離れているのかなあ、というふうに聞いていた。

しかし、後半、ところどころ気になることばが出てくる。なんか、すごい話を聞きそびれたんじゃないかという感じになる。講演終了後、しばらく、席を立たずにパワーポイントのレジュメに慌てて目を通す。

そのレジュメをもとに、ここで確認作業をしておく。

テーマは、「統合的アプローチ」。そのなかからの引用。
セラピストは客観的事実のみならず、クライアントの主観的事実をも大切に考える。分かること、分からないことを識別し、分からないことを大切に抱え、さまざまな方法でその分からない部分に分かる部分が増えるように努力を続ける。つまり、セラピストは不確定な状況に耐えて、知性と感性のバランスをほどよく保っていきたい。
分かること、分からないことの仕分け→分からないことについて、経験、知識に照合→調べる、助言を求める、カンファレンス(グループで討議する)→それでも分からなければ、上記の反復。それと、不確実性に耐えること。わたしはこの不確実性ががつらい、と感じる時がある。それ耐えるのが、苦手、難しいっす。

しかし、泣き言をいってもしょうがない。そのためにはどうしたらいいか。以下のアドバイスが役に立つ。

①量的努力。経験値や必要な情報の把握。質向上は、量的努力が保証する(んだって)。

②ジェネラル・アーツを活用する。ジェネラル・アーツは、一般教養、整理された経験(らしい)。

③全体性と焦点化を同時に捉えるバランス感覚。(つい焦点化だけ、もっと悪いと視野狭窄…)。

①は、クライアントのことやクライアントの環境のことなどの情報の収集。それと、もっと勉強しな、ということ。
②は、想像力。実践から帰納的に多元的、多面的な切り口で柔軟に、混沌とした現実を考える。
③は、「オーケストラのパートを弾きながら、総譜の全体を読み、プロセスを共有していく姿勢」の喩えの通り。

その他に、気になることばは、

・「共感」という言葉は、僭越ではないかと思う。なぜなら、相手のことを完全には分かりえないのだから。

・待つことができる、試行錯誤を受けとめる、時熟(じじゅく、期が熟す)。

・ユーモア、楽しさの感覚、真面目のみでは不可(真面目だけでは、援助者が固くなり、焦る)。

・静謐(せいひつ)な能動性(素直に「どうして、なぜ?」と思える)。

・新しい物事への関心、開かれた態度、様々な人生を追体験(学ばせて頂いている)。

・こころの深層に触れる畏れをしること(畏敬の気持ちをもつ、聴き手がナルシスティックにならない)。

・ことばについて(最近雑になってきた、語彙の平板化→考えの平板化→思考の平板化と思う)。

・明晰、簡潔、平易、柔らかく身体感覚を持つ言葉(難しい言葉は響かない)

・自分の言葉として、咀嚼(そしゃく、噛み砕いて十分理解)されているか。
 公共性、ほどよい距離感、身体をくぐらせて追体験してから対象化された言葉を。

・さりげない自然な表現、メタファー(比喩)、余韻、考える余地を残す(観察眼を養わなければ、ユーモアを使っ 
 た批判、正確な例えは使えない)。

・見立てのセンス、背景に思いを巡らす(想像力を働かせる)。

・現実を生きるとは、パラドックス(正反対の矛盾)を生きること。

・ベクトル(矢印)が一方向を向いたマニュアル的思考パターンに拘束されない(Y=aXでは対応しきれない)。

・人は「関係」の網の目のなかに繋がりを持ち、本来は一貫性のある歴史的つながりの連続性の中に「他ならな い自分」という暗黙の感覚を持つ。愛着、所属感、期待、支持、役割、責任…など。そして、将来の時間的展 
 望が持てている。(不幸な人は、網の目が少なく、そこに止まって、先に進めない状態)。

・より所となる、ほっとできる物理的空間

・ありのままの自分で安心して居られる自分の時間。その時間の連続性を感じている

・より所となる対人関係、相互性

・ありのままでいられる対人関係

などなど。

あと、コミュニケーションが生じる一瞬の要因という図と、コミュニケーションを成り立たせる言葉の特質(クライアントの気づきを促す)という図があり興味深かった。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

しまふ [カウンセリング理論]

先日、家族心理士の講演会に参加した。しかし、忘れてしまいそうなのでメモがわりに記録として残す。

本人(IP=クライアント)と就労支援で関わっていても、どうもこうもできそうにない、と感じる時がある。そんな時、家族の協力が必要だと感じる。つまり、家族システム内での悪循環があるのではないか、と感じる。ちなみに、家族を定義すると、「一定のルールを守って内外の変化に対応し、変化しながら、さらに新たなルールを作り、変化を繰り返している集団」である。そして、悪循環とは、何か行動したいがやっても裏目裏目になる状態である。

家族システム論は、問題解明より関係理解を重視する。ちなみに、ここでいう関係理解の関係は家族だけではなく、支援者から広くは社会までをも含む。これをシステムズアプローチという。流れは、
①家族のそれぞれ(たとえば、長男(IP)、父、母、姉)の主訴の確認(=問題同定)
②☆☆さんは、△△と認識している(=原因認識)
③☆☆さんは、どんなふうにしてきた(=解決努力)
①、②、③はひとそれぞれ。ところが、それらがうまい具合に連鎖して循環して安定している。それが悪循環。
そこでどうするか。ひとつは、うまくいっているところは支える。もうひとつは、つかみどころ(例えば、長男と父の関係)を仮定してみて、直接会える方の修正を試み(例えば、父をよいしょする)、そして、それを検証する。そして、その検証結果をもとに仮定する。以下同様。

また、このシステムズアプローチの特徴は、
①コンテンツよりコンテキスト。つまり内容・意味より文脈・背景、重視。
②システム自体はイヤより安定で保守的。だから、その文脈を変える。
③システム。つまり、《距離・パワー・方向》に注目する。たとえば、誰と誰の組合せのときにどんな問題が生じて維持されているか。その距離感やちから関係はどうなんだ、というところ。

そして、システムズアプローチの技法は、
①リフレイミング。つまり、ポジティブな捉え方に変える。わたし的にはアスペクト(眺望論)。
②円環的質問法。「それからどうしたの…。それから…」「あなたはどうですか…。あなたは…」
③逆説的介入法。「夫婦喧嘩ばっかしで…」「大事なことだから口論するんです。ぜひ続けてください。ただし、1日20分だけ。しかも、タイムキーパーは息子さんで」とか。「貧乏ゆすりがひどくて…」「ぜひ続けてください。」30分後「疲れてできません。」これらは、ダブルバインドや葛藤状態の解消になる。
④ジェノグラムインタビュー。もしかしたら、世代を越えたしがらみがあるかも~。
⑤椅子で表現。「あなたの家族って、今どんな感じ」→人数分の椅子を使い、距離や向き、倒れて椅子などにして表現してみる→実際にその椅子に座ってみる→ひとこと感想。
⑦一人で、またはみんなしゃべりすぎる場合。ペンなど、それを持った人だけ発言できるというルールで行う。

以上でございます。大変、勉強になりました。

話を聞いてると、システムズアプローチってサッカーに似てないか、と感じた。なんせ、《距離・パワー・方向》っていうんだもん。これって、サッカーのフォーメーションというか、システムと同じでしょう。距離はスペースを作ったり、消したり。パワーって、一対一の強さ、身体的強靱さ、身長の高さ、持久力。方向は、向き。ゴールへの意識の高さ。特にFWなんかは、ゴールに向いてプレイしてないと仕事になんない。

そう考えると、IPの家族はいまどういうシステムなんだろうか。3-4-3なのか4-4-2なのか。例えば、四人家族なら、1-1-2のオフェンシブか、2-1-1や3-1のディフェンシブか。誰がFWなのか。だれがDFなのか。そんなことを考えてしまふ、のでした。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

メタ [カウンセリング理論]

内なる目としてのメタ認知―自分を自分で振り返る  現代のエスプリ no. 497 (現代のエスプリ no. 497)現代のエスプリ12月号 『【内なる目】としてのメタ認知-概説』を読んで…

まず、メタ(meta)とは何か? 英和中辞典(旺文社)によると「1,after along with beyond among behind を意味する連結形 2,chang を意味する連結形」となっている。

メタ認知となると、behind が一番近い。なぜならば、behind は「隠れて、陰で」という意味だから。

さてさて、メタ認知は本文では次のように定義されている。
自分の思考の営みやレベルを再び思考の対象にしながら、自分なりに納得できる意味を追求していく過程(P6)…対象レベル(表舞台)での“活動主としての私”とメタレベル(裏方)での“監視主としての私”とが絶えず自己内対話を繰り返しながら知的営みを行っている(略)この内的思考過程の中で異なる機能を巧く操り司っているのがメタ認知である(P7)下線、私。
このようなことは、デカルトがすでに指摘していたらしい。
理解の過程で過ちや矛盾に気づき、それを修正できる(主観性の起源)のは、ホムンクルス(小人)が思考の過程を絶えず見ているからであると。デカルトが松果体に主観性を操る意識の座があるとして、そこにホムンクルスを置いたことは周知の通りである。(P15)
ところで、人間が状況に適応するには2つの方法がある。
①状況に巧く適応できるように自己調整を図る
②状況を自己に適応できるように作り替える

私が問題にしたいのは、人間の<社会適応能力>である。だから、①になる。

①=自己調整と脳内の活動の関係はどうなっているのか? ここでは、3つ説明されている。
a.ミラーニューロン…他者の意図や気持ちや心を読む力
b.前頭葉…ルーティンや習慣以外の遂行能力、自己を適切に評価する力
c.内側前頭前野…思考の制御、状況判断、罰と報酬を予測する力など

脳のなかの各部位がそれぞれの機能する位置として特定され始めている。しかも、それは特定の部位の活性化ではなく、全体的なシステムとして機能しているのがメタ認知ではないかとされている。

メタ認知の営みには、モニタリングとコントロールの2つがある。
メタ認知的モニタリングとは意図したものと実際の結果とのズレをチェックすることであり、その機能には対象レベルでの認知についての「気づき」「感覚」「評価」などがある。またメタ認知的コントロールとは対象レベルで取るべき行動をメタレベルで制御することであり、その機能には対象レベルでの認知の「目標設定」「計画」「修正」などが含まれる。
私はこれを言い換えて、メタ認知は<意図と現実の差異>と<取るべき行動>だと考える。

つまり、<差異>が小さく、かつ<行動>が適切であれば、社会に適応できる。逆に、社会に適応できないのは、<差異>が大きいか、または<行動>が適切でない場合である。

最後にまとめると、社会に適応できない場合は次の2つでアセスメントできる。
①意図と現実の齟齬(くいちがい)の修正が可能・不可能
②取るべき行動の不揃い(おもいちがい)の修正が可能・不可能

くどいようだが、人間にはメタ認知能力がある。それは状況に応じて修正する能力である。社会に適応するためにはメタ認知を修正する力が必要である[猫]
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

歪み [カウンセリング理論]

カウンセリング心理学入門 (PHP新書)働きたくても働けない若者は“歪んだ感情”を抑制できない傾向が強い。交流分析的にいえば「はい、でも~」のゲームに興じるひと。フロイト流にいえばエディプス感情の強いひと。簡単にいえば「ああいえば、こういう」言い訳が多いひとである。

“歪んだ感情”とは、「親に気をつかいすぎる」「親の顔色をみる」「親に甘えすぎる」。逆もある。親に甘えられなかったひとの「親に恨みをもつ」「親に甘えたいという願望をいつまでも引きずる」など…。こういう感情におし流されてしまっている。

このようなひとは、些細なことで不機嫌になる。それは不満の表現である。典型は母親に対する不満。これを突き返せる肝っ玉母さんならいいが、気弱な母親だと「甘えさせなかったのは自分のせい」と罪の意識をもってしまう。そうなると、“歪んだ感情”がますます強固になり、母親を巻き込んで共依存になる。母親だけではない。カウンセラーや回りの友だちにも不満が向けられる。いろんなひとを巻き込んでいく。そういうことも少なくない。

要するに、事実よりも気分、現実よりも快楽が優先され、やるべきことがおろそかになっている。頭では「働かなくてはいけない」とわかっているが、評価軸が感情の善し悪しにあるために実際の行動ができないのだ。

本書には、この対策として①現実判断能力②我慢する能力③柔軟性が必要と説く。
しかし、実際にそうなるにはとてもとても難しいっす[あせあせ(飛び散る汗)][猫]
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

経験 [カウンセリング理論]

共に待つ心たち―登校拒否・ひきこもりを語る』(高垣忠一郎著)P243より

  「体験」は語られない限り、私秘的な「体験」にとどまります。
  それがことばとなり、筋をつけて語られるとき、「経験」になるのです。
  そして、「経験」は人と共有され、相互に承認し合えます。
  「体験」は物語ることで共有できる「経験」になるのです。

本書は、「学校に行こうとしていけない」登校拒否・不登校の子どものこころを考察しています。本書は、「体験」と「経験」を峻別しています。その差異は、「体験」と「経験」の間に<ことば→物語→共有→相互承認>が挿入されていることです。「経験」には、<互いの内面を率直に表現→確かめ合い→支持しあう関係>が成立しています。

いいかえれば、「体験」はひとり。「経験」は二人以上。「経験」は共に生きる心を育む核です。また、その「経験」が支えとなりさらに生きる力が生まれます。小学校のときは母親や父親、中高校のときは友だち、社会にでたら同僚とか…。もしかしたら、異性との“ひと夏の「経験」”もあったり…。

「経験」は、つまり「楽しかったあ」「がんばったな」「しんどかったな」「ダメだったな」「大変だったな」という互いのこころを共にすること。この「経験」の積み上げは生きる力をどんどんどんどん強くする[猫]
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事
前の5件 | - カウンセリング理論 ブログトップ