So-net無料ブログ作成
キャリア教育 ブログトップ
前の5件 | -

国語 [キャリア教育]

コミュニケーションスキルが身につくレクチャー&ワークシート―コピーしてすぐに使える (コピーしてすぐに使える 1)『コミュニケーションスキルが身につくレクチャー&ワークシート』
(西村宣幸著 2008年10月 学事出版)

この手の本はいろいろ出ているが、これは、使える。

著者は、高校の国語の先生で産業カウンセラー等の資格ももつ。約25年、実際の授業で使う。あるいは、国語という授業で“キャリア教育”をしている。わたしの知る限り、キャリア教育のなかで日本でNO1の実践者、とみた。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

実感 [キャリア教育]

不自由を楽しむ

今日、あそあそ自然学校の小学生向けのワークショップに参加した。場所は、富山市内から1時間ほど山に入ったところ、平地より気温が5度くらい低いだろうか。そこで、探検~食事(豚汁)~ランニング、ときどき雪合戦などをして、湯神子温泉で暖まり、解散だった。

最初、大人は自分に名前をつける。子どもに覚えられやすいようにするためだ。ちなみに、私は「うぉ~り~」。そして、その名前で自己紹介。ここでキャラをつくる。そのキャラで終始子どもと接する。

面白かった。その理由を考えてみた。それは「不自由」だったから。「不自由の楽しさ」を味わえたことが面白かった。

例えば、ご飯。これは火を炊いてお釜に具を入れてつくる。ところが、火力が充分でない。むしろ、なにもしないと弱くなっていく。だから、力を合わせて火が弱くならないように守り、竹筒で空気を入れて強くする。その間、どんどんお腹が空いてくる。そのとき、できることは何か。我慢することである。「早くしろ!」なんて誰も言えない。できるまで、待たなくてはいけない。
(普段、如何に待たずにご飯を食べているかに気づく)

寒さ。じっとしていると暖房が恋しくなる。しかし、うちに入ってストーブにあたることはできない。選択肢が思い浮かばない。この状態を不自由という。寒さにただ耐えるだけか…。その瞬間、私は“あ~楽しい”となぜか感じた。ただ耐えるだけ…。そういう不便さが心地よかった。
(普段、如何に寒さを簡単にしのいでいるかに気づく)

だが、寒さを堪え忍ぶには無理があったので走り出した。険しい坂道の上の一本杉まで駆け上がる。まるで、プロ野球選手の自主トレのようだ。つらい、息が上がる。しかし、一本杉にタッチしたときに達成感を感じた。そして、その頃にはからだは温まっていた。
(ただ、耐えるだけではなくそこから何かをしてその寒さを回避する能力があることに気づく)

以上、空腹、寒さ、辛さに耐えることは苦痛だが、それを感じることは生きていることを感じること、生きていることを感じることは楽しいこと。そう思える能力が人間にはあるのではないか。

今回のワークショップは日常生活とは違う状況に身をおくことで「不自由さのなかの楽しさ」を感じた。それが面白かった[猫]

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

職業教育 [キャリア教育]

図解 はじめる小学校キャリア教育2004年11月発行 三村隆雄先生編著

本書は、現場の先生方のための実践書である。現在、小学校は、国語、算数、理科、社会の他に、体育、音楽、家庭、図工、さらに道徳、総合、学級活動の時間枠がある。もちろん、キャリア教育という時間枠はない。ない中でどうすればよいか? という疑問に応えている。基本的には、各時間枠のなかにキャリアの視点を取り入れたり、総合や道徳、国語の時間を活用する。

例えば、「成長の実感と他者との関係から生き方を学ぶ」とか「花壇づくりなど、縦割り集団による勤労生産的活動」「『夢の設計図』と卒業研究を通じた生き方の学習」などで、将来主体的に職業選択できる力を育む教育が試みられている。

本書で紹介されているキャリア学習プログラムは四つの領域の職業的発達にかかわる能力を高めることを目標としている。
P7「職業観・勤労観を育む学習プログラムの枠組み」より抜粋
①人間関係形成能力=自他理解+コミュニケーション~役割を果たそうとする
②情報活用能力=情報収集+探索+職業理解~自分に必要な情報を探そうとする
③将来設計能力=役割把握+計画実行~将来や今しなければいけないことを考えようとする
④意志決定能力=選択+課題解決~自分のやりたいこと、できそうなことを選ぼうとする
以上は、小学校高学年に求められる能力として書かれている。

中学になると、「従来の進路指導とどう違うの?」という意見が現場の先生方の多くの疑問である。

高校になるとどうなるか。今日の「北日本新聞」(富山県の地方紙)朝刊の1面に、高校のキャリア教育の一環として、普通科の生徒が農業や工業などの職業科の授業を選択でき、職業科の生徒は大学進学を視野に国語や英語などの科目を選択できる制度が4年後くらいを目途に県教育委員会が検討していると報じていた。

このように、各関係者のご尽力によってキャリア教育というものが学校に浸透しはじめている。現場の先生方も頑張っておられる。ありがとうございます。今後も、学校から社会へ移行するときに立ち止まってしまうような若者を作らないような尚一層の工夫と努力をどうぞよろしくお願いします。(って、そんなこといってどうする。そういう立場?!私は
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

フィンランドの子どもはたくさんの手作業をしている [キャリア教育]

 『競争やめたら学力世界一 フィンランド教育の成功』(福田誠治著)より

 「フレネ教育」という聞き慣れない教育方法が取り入れられている。その「フレネ教育」とは…

 フランスのフレネ(1896~1966)がいう人が印刷機を入手して始めた労働教育。手作業を重視する活動主義の教育。

 フィンランドのストロンベリ小学校という学校で実践されている。校舎は工場の建物を再利用した斬新なデザインということで有名らしいが、自由教育のモデルである。http://www.str.edu.hel.fi/

 現在この学校では、パソコンを使って絵と文字を取り込んで編集し印刷するという風になっている。子どもたちは木工をしたり、本の出版をしたりするなど、たくさんの労働(手作業)をしている。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

戦略を自らたてるのは、日本の子どもに限らず大人も苦手? [キャリア教育]

『競争やめたら学力世界一 フィンランド教育の成功』(福田誠治著)を読んで

 フィンランドの学習現場について…

①教師は一方的な注意をしない

たとえば「なぜお喋りするのか」、その説明を生徒に求める。そしてほかの生徒たちの意見も聞く。すなわち、できるだけ、子ども同士で注意を促す。さらに、最後には、その態度や対応が、今行う行動としてふさわしいかどうかの判断を生徒に委ねる。

 つまり「なぜ自分が注意をされるかがわからない」という状況だけは避けるようにする。その反復。

②生徒「本人の責任だから」が前提。しかし、教師は生徒の動機形成を創り出す

テストや序列付けなどを外発的動機として使えない。したがって、教師は別の方法をみつけなくて はならない。そのためには、適切なときに適切な支援を与えて動機を形成することである。

 しかし、教師はとても高度かつ専門的な対処を要する。

③生徒の学習は一つの計画ある営みである
 
日本の生徒は、自らの計画があまりない。自分の頭を使って、方策(戦略)を考えることはしない。
フィンランドの生徒は、自分が勉強しなくてはならないことは何なのか、自分で考え計画を立てるこ とができる。たとえば、「自分がわかならないところはどの辺か」「わからないところは詳しく調べる」ことをしている。

 つまり、生徒は方策をたてて学習にあたっている。

※方策、戦略を自らたてるのは、日本の子どもに限らず大人も苦手だったりして…


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事
前の5件 | - キャリア教育 ブログトップ