So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

ほじき [読書した履歴]

これでいいのだ怠けの哲学 (ヴィレッジブックス)こんな本を買いました。

『これでいいのだ怠けの哲学』

作者: トム ホジキンソン
出版社/メーカー: ソニーマガジンズ
発売日: 2006/02

★翻訳がいいのもあって、非常に読みやすくて面白い!読み物としても秀逸!
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

らあす [読書した履歴]

働くことの哲学こんな本を買いました。

『働くことの哲学』

作者: ラース スヴェンセン
出版社/メーカー: 紀伊國屋書店
発売日: 2016/04/07


★この本を読むと、労働は人生の部分集合でしかないと思えてくる。労働を賛美するのはロマン主義の変種であって、どこまでいっても決して満足することはない。働かないのもどうかと思うが、過剰に働き過ぎるのもどうかと思う。要は、中庸、バランスが大事というところか。否。著者はもっとちゃんと書いているはず。だから、時間があるときにもう一度、読んでおきたい。そんな本である。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

きりん [読書した履歴]

一切なりゆき 樹木希林のことば (文春新書)こんな本を買いました。

『一切なりゆき』

作者: 樹木 希林
出版社/メーカー: 文藝春秋
発売日: 2018/12/20

★昨年9月、75歳で亡くなられた樹木希林さんの本。テレビで見ていて、ちょっと変わった死生観をお持ちのようなので気になってつい買ってみた。全身がんになって、より死を受け入れられるようになったらしい。みずからの命の終わりを示されたからこそできた希林さんの生き方に共感しました。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

つまの [読書した履歴]

妻のトリセツ (講談社+α新書)こんな本を買いました。

『妻のトリセツ』

作者: 黒川 伊保子
出版社/メーカー: 講談社
発売日: 2018/10/20

★ひとことで言えば、われわれの脳ミソは「女性=共感型」「男性=問題解決型」であるらしい。実際に家庭で試してみたら、ものの見事にあてはまり、コミュニケーションがスムースになった。これを仕事でも活用しないといけないね。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

はたの [読書した履歴]

説得の文章心理学―マス・メディア時代のレトリック (1981年) (ちくまぶっくす〈35〉)こんな本を買いました。

『説得の文章心理学』

作者: 波多野 完治
出版社/メーカー: 筑摩書房
発売日: 1981/05

★「文章心理学」なるものの確立をめざした著者であったが、私の知る限りそれをいまに受け継がれている様子はない。こうして古本で読むにとどまる。しかし、本書で「広告」「マルクス」などにも言及しているその射程の広さは感服に値する。いい本だと思う。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

しまだ [読書した履歴]

NPOという生き方 (PHP新書)こんな本を買いました。

『NPOという生き方』

作者: 島田 恒
出版社/メーカー: PHP研究所
発売日: 2005/02/16

★大学卒業から数年、私は自分の生き方を模索した。そのときに「市民事業」と出逢った。それは「社会性」「経済性」「個性」を満たそうと事業を起こす試みだった。それは今のNPOと同じ考え方だと思う。今は自分でNPO法人をつくって活動している。私の若き日の想いが、今も変わっていないことに改めて驚く。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

なかの [読書した履歴]

「天下り」とは何か (講談社現代新書)こんな本を買いました。

『「天下り」とは何か』

作者: 中野 雅至
出版社/メーカー: 講談社
発売日: 2009/12/17 メディア: Kindle版

★「天下り」は公務員の早期退職勧奨の見返りとしてある行政独自の就職斡旋の仕組み。「天下り」の語源は「天降り」で神が降りてくることをさす。神が降りてくるならいうことないけど、何も知らないし何もできない人が降りてくると、現場が混乱したり不活性になって迷惑すると思う。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

まさお [読書した履歴]

お役所の掟―ぶっとび「霞が関」事情こんな本を借りました。

『お役所の掟』

作者: 宮本 政於
出版社/メーカー: 講談社
発売日: 1993/04

★あけましておめでとうございます!今年もよろしくお願いします。

★日本の国政は官僚が行っている。立法を行政が行っている。三権分立していない。
霞ヶ関には〝掟〟がある。それは「遅れず」「休まず」「仕事せず」であるという。
わたしは「そんなことはない、日本の公務員はちゃんとしている」といいたいのだ。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

はたの [読書した履歴]

ことばと文章の心理学 (1958年) (新潮文庫)こんな本を買いました。

『ことばと文章の心理学』

作者: 波多野 完治
出版社/メーカー: 新潮社
発売日: 1958

★面白い。60年前に書かれた感じがしない。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

あそあ [読書した履歴]

大学生のためのNPO論: NPO論、NGO論、ボランティア論、市民活動論、非営利組織論、My miniテキスト。レポート作成にも使える。 (大学生のためのMy miniテキスト)こんな本を買いました。

『大学生のためのNPO論』

出版社/メーカー: 谷口新一
メディア: Kindle版


★機能不全を起こしている行政や昨今の不公正な状況に対し、NPOはささやかで微力かもしれないが未来への希望と可能性をつなぐ役割をはたせるのではないか、という主張と啓蒙の書。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事
前の10件 | -