So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
ひとりごと ブログトップ
前の5件 | -

60% [ひとりごと]

2018年6月24日

サッカー日本代表 岡崎選手のことば。

「今回のロシアW杯で、代表選手が集まったとき、

『W杯はうまくいかないのが当然。 100%の力を出せると思うと痛い目にあう。 60%の力でも勝ちきる、引き分けにする』

ということを口酸っぱくみんなで言い合っていた。

第2戦目のセネガル戦をベンチから見ていると、

うまくいかないことを想定しながらサッカーを

している選手らは、4年前のブラジルW杯での

反省を活かしていると思った。

だから、あの敗退の経験はムダじゃなかった」。


「しごと」もそうだと思う。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

なでしこ [ひとりごと]

東アジア杯、優勝!

リーグ戦を含め5戦、戦いました。

私はうち4戦をテレビ観戦しました。

特に、決勝トーメンとの中国戦と豪州戦は

午前2-4時という時間でした。

しかし、しっかり観戦しました。

いずれもいい試合でした。

これから、W杯、東京五輪と続きます。

まだまだ世界で勝てる力はないです。

その分、楽しみがあるわけです。

これからも、注目していきますお。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

エイプルフール [ひとりごと]

今日はエイプルフール。エイプルフールといえば、

1969年4月1日結成。細野晴臣氏を含むバンド。
1968年8月にグループ・サウンズ流行下デビュー。

名前の由来は結成日と「この名前にしておけばかなり
自由なことを練られずに或いは無責任にやれる」とい
うことから、らしい。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

再生宣言! [ひとりごと]

皆さま、あけましておめでとうございます。


マイジョブクリエイションズの盛田淳です。


当法人の設立のは、2003年7月でした。

ちょうど私が41歳の時にたちあげました。

そうあれから、14年と6か月たちました。

しかし、法人として社会に何をしたのかと。


マイジョブクリエイションズは、主に雇用

に関する問題を解決する目的で創りました。

しかし、雇用に関する問題は、雇用限定の

問題ではないことを今になって知りました。

もっと広い範囲で扱うべき問題だったです。

たとえば、それは自由、平等、公正、人権、

生存、・・・・・、をも含んだものでした。


このような認識に至るまでの一番の要因は、

「ニート」の問題に取り組んだゆえでした。

この問題は、色々な問題が混じっています。

国県市町村、行政のあり方、企業のあり方、

経済学、社会学、心理学、精神医学、倫理、

などの横断的な学術的な叡知の問題等です。


「ニート」は我々に人間性を問うています。

そういう人間の深みを私に問いかけました。

競争、利益、名誉、以外の世界をみました。

そして「ニート」問題等のところからしか、

民主主義や社会を変える意味を学ぶことは

できないのだろうと、いま、感じています。


さらなる人間性の高みを獲得をしていく為、

マイジョブクリエイションズは2018年

7月に生まれ変わることを宣言いたします。


つまり、民主主義実現の機能を果たすべく、

再生していく為に構想し行動していきます。

これからのマイジョブクリエイションズの

発展をやさしく見守って頂ければ幸いです。








な~んて、いっても、面白く楽しみながら

とりあえずやってみよう!マイペースでね。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

うふむ [ひとりごと]

中学の教育


昨日、娘の入学式に参加した。


校長の挨拶で「…判断力…」と、


学年主任から「…自主性…」といった


話がでた。


中学の3年間で「判断力」と「自主性」が求められる。





私は「すごいなあ~」と思ふ。


自分が中学の時はそういうことは言われていなかった。


「思いやり」とか「親切」とか、ふわっとしていた。


少なくとも自分はそう受け取っていた。





40年もの月日を経て、時代は変わったのだ。


自己責任、自助努力が求められる時代となり、


中学の教育の現場でも、「判断力」「自主性」が


教育者の口から思いっきり生徒たちの耳に投げ込まれる。




それを聞く新一年生は、はたして理解できるのだろうか?


ちょっと荷が重すぎないか。


あるいは、軽くスルーされているだけなのか。


でも、優秀な子にとっては、自明のことなのだろうか。





と、思うと同時に、教育のありがたさを感じた。


もし、こういう場がなかったら…


もし、こういう教育をする人たちがいなかったら…


日本という国は、成立しないのだろうなあ、っと。


この年になって、ひとづくりの仕事の大切さを感じた。





やっぱ、学校ってすごいわ。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事
前の5件 | - ひとりごと ブログトップ